長く勤める人が多いパート先はどこ?

千葉県で30年間勤めたパート先

「お母さん、本当にこれでいいの?」と、私が母に聞いたのは、母が勤めていたパート先を辞めて、私たち家族と同居生活をすることを選んだからでした。私は今、大阪で旦那さんと1人の息子と一緒に暮らしているのですが、私の両親は千葉の実家で2人で生活を続けていました。私は結婚するにあたって、旦那さんに合わせて大阪に引っ越してきたのですが、いつかは千葉に戻り、両親を支えてあげたいという気持ちを持っていました。しかしそれは、息子が大きくなってからのことで、まだそのタイミングではないと思っていました。しかし、そんなことも言っていられなくなってしまったのです。それは、父に認知症が発症してしまい、その介護を行わなければならなくなったからでした。父の介護を母1人に任せられるわけもなく、だからといって、旦那さんと息子を置いて千葉に戻るということも出来ませんでした。その結果、両親が千葉を出て、大阪にいる私たち家族と同居生活を送ることに決まったのです。それにあたって私には、1つだけ引っかかっていることがありました。それは、母には30年間も勤めていたパート先があったということです。私がまだ幼いときから働き続けていて、そこは母にとってもう1つの家のような存在だったと思います。しかし大阪に引っ越してくるには、もちろんそのパート先を辞めなければならず、母が悲しいに違いないことはわかっていました。

そのため私は、父だけを引き取ることや、父を老人ホームに入居させることなど、いくつかの案を出したのですが、母はパートを辞めて大阪に引っ越してくることを選びました。そんな母を見た私は、本当に父のことを愛しているんだなと思い、これからの同居生活を、両親にとって幸せなものにしてあげなければならないと思いました。母は勤めていたパート先を辞めてしまいましたが、まだまだ働きたい気持ちはあるようで、大阪でもパート先を探すと言っていました。

オススメサイト